山田高等学校

山田高校以外でもできることはあるけれど、山田高校でしかできないこともある。 考えてみま…

山田高等学校

山田高校以外でもできることはあるけれど、山田高校でしかできないこともある。 考えてみませんか。山田高校のこと。 山田高校で「私だってできる」体験をさらに積み上げよう。

マガジン

  • 学校報「もろともに」

    山田高校 学校報 「もろともに」

  • 総合的な探究の時間

    総合的な探究の時間の記事をまとめています

  • ボランティア活動

    ボランティア活動を紹介します

  • 部活動

    部活動について紹介します

リンク

最近の記事

学び舎を旅立つ27人の卒業生たち

3月1日 卒業式が執り行われました。式典では27名の卒業生が新たな未来への一歩を踏み出しました。送辞は生徒会長 生駒 一真 さんが心温まる言葉で27名を送り出し、答辞は前生徒会長 阿部 清佳 さんが感謝の気持ちや未来への意気込みを述べました。卒業生はこれらの言葉を胸に一人一人が輝かしい未来を切り拓いていくことでしょう。 茶華道部の生徒たちは、卒業式を美しい花で飾ってくれました

    • 学校報「もろともにNo13」が発行されました

      • 総合的な探究の時間 1年の成果発表

         2/20(火) 総合的な探究の時間に1年の振り返りとして、「ふるさと探究発表会」が行われました。  1学年は津波碑ガイドツアーと防災出前授業について発表しました。町民向けに「津波碑ガイドツアー」を開催し、また、小学生を対象に防災出前授業を行いました。 過去の津波と教訓を伝え、地域の歴史と防災の 重要性を学びました。  2学年は山田町の魅力に迫りました。町内の飲食店で美味しい物を堪能する一方で、魚の剥製造りを通して海に潜む課題にも注目しました。海水温上昇や担い手不足など、海

        • 生徒会執行部が中心となり募金活動を行いました

          2/2~6 令和6年能登半島地震災害義援金の募金活動が生徒会執行部中心に行われました。生徒会長 生駒 一真さんは「みんなの思いを届けることができて誇りに思います。被災地の方々へ少しでも支えになれば嬉しいです」と話しました。 集まった募金は山田町社会福祉協議会を通じて被災地に届けられます。

        学び舎を旅立つ27人の卒業生たち

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 学校報「もろともに」
          山田高等学校
        • 総合的な探究の時間
          山田高等学校
        • ボランティア活動
          山田高等学校
        • 部活動
          山田高等学校

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          津波碑と防災の知識を伝える ~山田小学校に防災出前授業~

          2/1(木) 1学年の生徒が山田小学校5年生に向けて出前授業を行いました。4月から総合的な探究の時間に「山田町津波碑ガイドマップ」を活用し山田町に存在する津波碑や過去の震災について学びました。9月には、町民向けに「津波碑ガイドツアー」を開催し、地域の歴史と防災の重要性を学びました。今回は、この知識をもとにパワーポイントやクイズで津波碑や防災に関する授業を行いました。 小学生の感想 自分の住んでいる地域の津波碑を見てみようと思いました。地震が来たら自分だけでなく、地域の人にも

          津波碑と防災の知識を伝える ~山田小学校に防災出前授業~

          リアスカフェ 地域猫啓発イベントが大成功!

          1/27(日) 生徒が企画した「リアスカフェ」が大成功を収めました。今回のイベントでは地域猫に関するクイズなど、地域住民に地域猫について理解を深めてもらう取組も行われました。 自分たちで調べた情報を元にした地域猫クイズを通じて地域の人々に地域猫についてを伝えました。  イベントの回数が重ねられるにつれ、生徒たちは地域の方との接し方を上達させ、自発的に行動する力を身につけていったようです。地域の人々は、コーヒーの香りに誘われてイベントに足を運び、地域猫についても理解を深める

          リアスカフェ 地域猫啓発イベントが大成功!

          学校報「もろともにNo12」が発行されました

          学校報「もろともにNo12」が発行されました

          リアスカフェ 地域猫に関するイベントを開催

          1/26(金) ボランティア団体「Rias cafe」のメンバーたちは、地域猫に焦点を当てたイベントを明日に控え、楽しそうに準備を進めています。 明日のイベントでは、地域猫に関するクイズが行われるほか、譲渡猫についての情報も掲示される予定です。 どなたでも参加できますので、是非お越しください。

          リアスカフェ 地域猫に関するイベントを開催

          冬休みの挑戦 パワーポイントで綴る成果と学び

          1/23(火) 3学年の情報処理の時間に、「この冬チャレンジしたこと」をテーマに、生徒たちがパワーポイントを駆使して発表しました。お菓子作りやダンス、カラオケ95点に挑戦するなど、多岐にわたる挑戦がありました。 文字の大きさやデザインに気をつけ、分かりやすく伝えました。この冬の挑戦が、生徒たちの成長や学びに繋がる素晴らしい経験となりました。

          冬休みの挑戦 パワーポイントで綴る成果と学び

          ボート部×バスケ部 なわとび大会に挑戦

          1月21日 第2回山田町B&Gなわとび大会にボート部とバスケットボール部の合同チームで参加し、見事3位に輝きました。大縄跳びの部では113回のジャンプで見事な連携プレーを見せました。スポーツを通じて地域の方々との親睦と交流を深めました。

          ボート部×バスケ部 なわとび大会に挑戦

          雫石高校と交流 いわての復興教育推進事業(交流学習スクール)

          1月19日・20日 1学年が盛岡市を訪れ、スケートリンクで楽しいひと時を過ごし、その後、県立博物館で歴史や文化に触れました。翌日は雫石高校を訪れ、二人三脚や借り物競争などのスポーツで交流を深めました。笑顔と友情が広がる素晴らしい交流のひと時でした。

          雫石高校と交流 いわての復興教育推進事業(交流学習スクール)

          総合的な探究の時間 魚の剥製造りに挑戦

          1/19(金) 2学年総合的な探究の時間に、萬 和義 様より魚の剥製造りのレクチャーを受けました。ティッシュやガムテープなど身近な材料を駆使し、魚の背びれや尾びれなど、細部にわたり繊細な作業に挑戦しました。また、剝製造りの過程で、山田の海やその生態についても詳しくお話していただき、地元の環境についても学ぶことができました。完成後は、道の駅やまだおいすたで展示される予定です。地元の人々にも楽しんでいただけることでしょう。

          総合的な探究の時間 魚の剥製造りに挑戦

          接遇マナー講習会

          1/18(木) 3学年を対象に、ジョブカフェいわて 川村 恵 様より接遇マナー講習会が行われました。ビジネスマナーにおいては、挨拶や言葉遣いの大切さ、職場でのコミュニケーションにおいては、チームワークの重要性など重要なポイントについて学びました。これらの講義を通じて、生徒たちは社会人としての接遇マナーを身につけ、将来に向けて一歩踏み出す自信を深めたようです。

          接遇マナー講習会

          遊ビバ!! 共に考え、共に創るプロジェクト②

          1月16日(火) 令和4年1月の高校生議会において、新たに魅力的なスポーツ施設を建設することを提案しました。その提案が採用され、山田町にスケートボードパークとバスケットコートが誕生することとなりました。 第2回ワークショップでは、施設の名称に3学年 昆 彪袈さんが考えた「遊ビバ!!」が採用された事が発表されました。そのコンセプトは、「覚えやすく、子どもから大人まで楽しめる遊び場」をイメージしています。 次なるステップとしてロゴマークを作成することが発表されました。この施設

          遊ビバ!! 共に考え、共に創るプロジェクト②

          第37回 宮古下閉伊地区 高校芸術展

          1月13~14日 第37回 宮古下閉伊地区高校芸術展が開催され、山田高校からは、書道と華道の部に15名の生徒が出展し見事な作品で会場を彩りました。 書道の部では、繊細な筆使いと独自の表現力が光る作品が多く展示され、華道の部では自然の美を感じさせる花々のアレンジメントが素晴らしく、訪れた人々に癒しを提供しました。

          第37回 宮古下閉伊地区 高校芸術展

          ボート部員たちの新年の抱負

          1/9(火) 明けましておめでとうございます。今年も山田高校noteでは、様々な活動やイベントを通して生徒たちの素晴らしい姿勢や抱負を紹介していきます。今回はボート部の皆さんに新年の抱負を聞いてみました。 2年 宮本 もあ さん 自己ベストの更新と、全国大会で自信を持って力を発揮して後悔を残さないこと。 2年 吉川  大輝 さん 新人戦のリベンジを果たし、全国大会に出場しベストを尽くすこと。 チーム全体の意気込み 高総体で今年も男女総合優勝すること! ボート部員たちの

          ボート部員たちの新年の抱負